ホームクロックロの感想文》ドラマ》「五星戦隊 ダイレンジャー」

クロックロの感想文〜鑑賞作品への率直なレビューです〜

ホーム 

サイト説明

クロックロの感想文 

クロックロの事件簿

リンク集

クロックロの日記 

 


『五星戦隊 ダイレンジャー』〜6. 風よブッちぎれ〜
1993〜1994年公開(日本)
監督、小林義明・坂本太郎・小笠原猛・東條昭平・渡辺勝也
脚本、杉村升、荒川稔久、藤井邦夫、高久進、井上敏樹  


 地球侵略をもくろむ妖力使いゴーマ族と、気力を操るダイレンジャーが地球を守るために戦う。


※ネタバレあり

 

 第六話(最初から読む)。
 中国の砂漠をさまよいながら、リンは再び幻を見ます。リンは生きている4体の気伝獣が、自分を呼んでいるのだと考えます。

 他のダイレンジャーは、なんとジープで砂漠を移動しています。どうやってここまで来たのか? 道士に気力でジープごと飛ばしてもらったのでしょうか。このジープが誰の所有物なのか気になります。道士のなのかなと思いますが、サボテン将軍回のときにプライベートで5人だけで乗り回していたしなあ(道士、持ち主なのに仲間はずれ)。

「リン、応答してくれ。リン!」(知)

 基本的に敬語の知がため口なのが気になります。それだけ焦っているのか、リン相手だとやっぱりフランクになってしまうのか。

 口紅歌姫とゴーマ三幹部も中国砂漠に現れます。中国出張まで同行するなんて、こうなってくるとこの三人は暇しているのかなと思ってしまいます。むしろゴーマの本部は中国だったっけ。

「天宝来来の玉をダイレンジャーに渡すわけにはいかん」(シャダム)
 うなずくガラとザイドス。
 口紅歌姫に向かって、
「四体の気伝獣を絶対に蘇らせるな」(シャダム)
「リンを殺せばいいのでしょう」(口紅歌姫)

 ダメだ、会話が通じていない。ま、いっかという感じで見送る三人が面白いです。

 ダイレンジャーたちのジープの周りに、色とりどりの風船が現れます。それが割れて、コットポトロに変化! コットポトロがよくやる顎に手を当てるキザなポーズが気になります。

 一方、リンも口紅歌姫に追われていました。
 大将戦で必ずある、対峙しながらすり足で動く演出が好きです。
 気力転身して闘うものの、オーラチェンジャーが吹き飛ばされて人間体に戻ってしまいます。悪魔聖歌隊まで出てきて、リンは追いつめられます。

 ジープで走行を続ける4人。落ちていたリンのオーラチェンジャーを発見します。光っているのを見て車を止めさせる大五、さすがです。

 口紅歌姫から逃げ、走っていたリンは、ダオス文明の遺跡にたどり着きます。そして、遺跡の中で体を休める龍星王と再会します。龍星王は五つの玉の在り処を示してくれました。

 CM明け、突然巨大化した口紅歌姫が現れます。外から遺跡内のリンたちを攻撃します。貴重な文化遺産に何ということを。
 必死に闘おうとする龍星王がけなげです。

「オホホホ、所詮、どうにもできないわ」

 この言い方と所作が、パワハラ女上司らしくて非常にいいと思います。
 絶体絶命のピンチに、他の4人が現れます。リンはオーラチェンジャーを受け取り、5人は転身します。
 リュウレンジャー(亮)が龍星王に乗り込み、他の4人が玉を探すことにします。
 悪魔聖歌隊が歌いだし、窮地に陥るダイレンジャーたち。

「やばい、気力が足りねえ、早く玉をー!」(リュウレンジャー)

 何かシュールです。

 風が吹くのを見て、「私は天風星・リン!」と目覚めるリン。「風よ、風よ! 私に力をください」と手を広げる姿は、一歩間違うと大丈夫なのか心配になる姿です。
 天風星・一文字竜巻で女の子たちを吹き飛ばし、玉を隠している岩も吹き飛ばします。なかなかの強硬手段です。

 そしてついに、ダイレンジャーたちは天宝来来の玉を手に入れるのです。

「ふぃーーっ、気力が骨の髄までしみるぜ!」(リュウレンジャー)

 大丈夫か、このヒーロー。地下帝国でビールを飲んだカイジみたいになっているぞ。

 龍星王以外の気伝獣たちも参上します。初登場です。盛り上がる展開です。

「四体の気伝獣が蘇ってしまったあ!」(シャダム)

 シャダムさん、本当に悔しそうです。

 それぞれの気伝獣が技を披露するのですが(だいたいはレンジャーたちの技の強化版)、特筆すべきはやはりシシレンジャー。「大蜃気楼」で大五は幻総武線よりも目を疑うものを出現させます。

 緑色の妖しい霧に包まれた口紅歌姫。そこにノリノリで斬りかかりに現れるシャダム。

「おらああああ!」(シャダム)
「シャダム中佐!?」(口紅歌姫)

 相手の仲間を出現させるだなんて、容赦がないです。
 口紅歌姫もですが、シャダム本人はもっと困惑します。ザイドスと顔を見合わせ、「俺?」と言わんばかりに自分を指さし。ザイドス、無言でうなずく。シャダム中佐の貴重なボケ、いただきました。
 
口紅歌姫を斬りつけた幻シャダムは、お尻を叩いて高笑いしながら消えていきます。

「お尻ぺんぺんウワッハッハッハッ(裏声混じり)」

 アラレちゃんの「キーン」のようなポーズを取りながら、消えていく幻シャダム。楽しそうで何よりです。

 そして五体が合体し、天空気殿となります。この合体と言いつつ寄り集まっただけな感じが天空気殿のよいところです。みんなで台座に寄り集まり、ドラえもんのタイムマシンみたいな状態になって、口紅歌姫に突っ込んでいきます。龍星王だけ飛び降り、攻撃。

「美人、薄命よー」

 口紅歌姫撃破。彼女らしい辞世の言葉です。
 女の子たちも正気を取り戻し、めでたしめでたしとなりました。

 ラスト、橋の上で会話をする道士とリン。道士の役者さんは191センチあるということで、見栄えがします。それにしても、その服装で外を出歩くんですね……。

「よくやったな、リン。お前はちっともダメじゃない」

 なんだかんだツッコんでいますが、やっぱり道士・カク、めちゃんこ格好いいです。それこそ親戚の叔父さんに欲しいタイプです。

「リン。今まで黙っていたが、お前はダイ族の血を引いている。これからのお前は、私にも計り知れない力を出すかもしれん」

 リンはダイ族の血を引いていることが発覚。しかし、他の五人も気力を操ります。資質的にはダイ族が使える人が多いというのはあるかもしれませんが、やはり気力はダイ族だけが使えるというものではないのでしょう。
 
次はいよいよ物議をかもしそうなあの話です。

 → 第七話「裏切り者ォッ!」へ    

 『五星戦隊 ダイレンジャー』(総論)へ  
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(詳しい見どころ)へ 
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(1. 転身だァァッ)へ ←紐男爵登場回
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(2. 気力だァァッ!! )へ ←ガマグチ法師&ニードロブードロ回
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(3. 魂ちょうだい!)へ ←鍵道化師登場回
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(4. 俺たち甘いぜ!!)へ ←ダオス文明の歴史説明回
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(5. あっタマきたッ)へ  ←口紅歌姫&天宝来来の玉登場回
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(6. 風よブッちぎれ)へ ←気伝獣揃う&幻シャダム回 
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(7. 裏切り者ォッ!) ←鉄面臂張遼&大僧正リジュ登場回
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(8. おやじぃぃッ!!) ←ノコギリ大僧正&大連王登場回 
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(9. うぬぼれるなッ) ←クジャク&鏡化粧師登場回  
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(10. あァ復讐の女神)へ ←クジャクとガラの因縁&サクラ子爵登回
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(11. 磁石でガウス!)へ ←磁石神父登場回 
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(12. 豆腐で酔ったァ)へ ←豆腐仙人&知メイン回
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(13. カッ カブキ小僧)へ ←歌舞伎小僧&虞翻登場回 
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(14.イヨッ 結婚ぢゃ)へ ←白虎真剣登場回 
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(15. 3バカサッカー)へ ←3バカ登場回 
 『五星戦隊 ダイレンジャー』(16. ゴロゴロ子供石)へ ←ハニワ腹話術師&クジャク登場回
 
 
 黒ねこカンちゃんLINEスタンプ
 (管理人のオリキャラLINEスタンプ。よかったらこちらもよろしくお願いいたします)
  ▲ホームへ戻る 
 ▲クロックロの感想文へ戻る
 ▲一番上へ戻る  


◆目次◆





PR
「元気出して?」大缶バッジ(76mm) 

「元気出して?」大缶バッジ(76mm) 




『五星戦隊 ダイレンジャー』

五星戦隊ダイレンジャー

新品価格
¥300から
(2017/6/23 08:49時点)



五星戦隊ダイレンジャー DVD全5巻セット

新品価格
¥56,000から
(2017/6/23 08:49時点)



五星戦隊ダイレンジャー オーラチェンジャー&キバチェンジャー 戦隊職人 〜SUPER SENTAI ARTISAN〜

新品価格
¥13,800から
(2017/6/23 08:50時点)

  

『天空気殿』 

五星戦隊ダイレンジャー 五星合体 DX天空気殿

新品価格
¥38,000から
(2017/7/1 10:05時点)










































































































































ホーム/サイト説明/アトリエ/地図/写真集/感想文/グッズ/マンガ/事件簿/リンク集/日記/問い合わせ /サイトマップ