ホームクロックロの感想文》小説》楽園

クロックロの感想文〜鑑賞作品への率直なレビューです〜

ホーム 

サイト説明

クロックロの感想文 

クロックロの事件簿

リンク集

クロックロの日記 

 


『楽園』〜悲しくて優しい物語〜
2007年出版(日本)
著作、宮部みゆき   


 ノアエディション(フリーペーパー社)に雇われている前畑滋子の元に、中年女性・敏子が訪ねてくる。敏子には夫はおらず、40歳を過ぎてから産んだ一人息子・等を事故で失ったばかりだった。敏子は等には超能力があったのではないかと思っており、滋子に捜査を依頼に来たのだ。
 等が生前に描き残した絵には不思議なものがあり、それがサイコメトラー能力のなせるものではないかというのだ。
 滋子はこれを敏子が息子の死を受け入れ、思い出にするための「喪の作業」ととらえ、依頼を受けることにする。
 その過程で、焼け跡から16年前に失踪した娘の遺体が発見された土井崎家が絡んでくる。娘を殺したのは両親だった、すでに時効は成立しているのだが――。

 

『楽園』を初めて読んだのはずいぶんと昔です。先日『模倣犯』を読みましたので、その続編という位置である今作品も読み返したくなりました。
『模倣犯』を知ってから読むと、以前はわからなかったネタがわかってより面白かったです。
『楽園』感想内では模倣犯についてのネタバレもあるので、気になる方は読んでからをおすすめします。



■総合目次へ■  
『楽園』その1(始めから幼馴染に絵を見せるまで)
『楽園』その2(野本刑事登場から誠子登場まで)  
『楽園』その3(あおぞら会から○○よんでくださいまで)  
『楽園』その4(両親の話から警察よんでまで) 
『楽園』その5(鳩子登場から茜の思い出まで)
『楽園』その6(シゲ登場から事件解決まで) 
『楽園』その7(真相からラストまで)  
『楽園』その8(好きな表現と気になる点)

  ▲ホームへ戻る 
 ▲クロックロの感想文へ戻る
 ▲一番上へ戻る  


◆目次◆





PR
絵本「その先と」書籍版(B5判)

絵本「その先と」書籍版(B5判) 


『楽園』



楽園 上 (文春文庫)

新品価格
¥555から
(2017/4/10 12:20時点)




楽園 下 (文春文庫)

新品価格
¥756から
(2017/4/10 12:21時点)

ホーム/サイト説明/アトリエ/地図/写真集/感想文/グッズ/マンガ/事件簿/リンク集/日記/問い合わせ /サイトマップ