ホームクロックロの感想文》映画》ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

クロックロの感想文〜鑑賞作品への率直なレビューです〜

ホーム 

サイト説明

クロックロの感想文 

クロックロの事件簿

リンク集

クロックロの日記 

 


『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を観て
2016年公開(アメリカ)
監督、デヴィッド・イェーツ 脚本、J・K・ローリング 原作、J・K・ローリング   


 イギリスの魔法生物学者のニュート・スキャマンダーはある目的のためにアメリカに来たが、そこで魔法動物をトランクから逃がしてしまう……。
 

 ※ネタバレあり


 たくさんの魔法動物が出てきて、動物好きの自分としてはとてもよかったです。
 動物が可愛い! 二フラーとオカミーがお気に入りです。
 しかし、ただ可愛いだけではなく、人間と動物の関わり方に切り込んでいく内容です。『ゴジラ』と『ドラえもん』と『遠い海から来たクー 』を観て育った人間としては環境保護や動物愛護について考えさせられます。

 原作者が自ら脚本を書いたというだけあって、ストーリーも面白かったです。全体的に映像向きの作品だと思いました。ワクワクするようなシーンが多かったです。
 暗すぎず、かといってコメディだけではなくシリアスさもあり、バランスのちょうどよい内容でした。
 元の作品が終わった後のスピンオフや小話って、どうしても元の作品よりは見劣りしてしまう印象があるのですが、今回の作品はそんなこともなく、一番最初のハリー・ポッターシリーズと遜色ない面白さでした。

 キャラクターがとても魅力的でした。
 主人公がまず好きです。雰囲気がすごくいい。あと動物好きっぽさがよく出ているのも好印象でした。事件の犯人(人間)に対してのふるまいも野生動物を相手にしているみたいで笑えました。

 色気むんむんで美人の妹がさえないノーマグのおじさんと引っ付くところもよかったです。 夢がある(笑)。もちろんこのおじさん、とても性格の良い人で惚れられてもおかしくない人なのですが。

 ノーマグのおじさんがトランクの中の空間で動物を観て、どんどん気持ちが変わっていく様子が表情でわかるところが素晴らしい演出だと思いました。こういうところも映像ならではですね。

 主人公の持っているトランクはドラえもんの道具みたいで楽しかったです。 四次元ポケット的でもあるし、「不思議のラビリンス」に出てきたトランク的でもあり。

 

 予告編で受けた印象より実際の本編はかなり面白かったです。

 


 
 黒ねこカンちゃんLINEスタンプ
 (管理人のオリキャラLINEスタンプ。よかったらこちらもよろしくお願いいたします)
  ▲ホームへ戻る 
 ▲クロックロの感想文へ戻る
 ▲一番上へ戻る  


◆目次◆





PR

「おばけカボチャ」キーホルダー(46×26mm)
「おばけカボチャ」キーホルダー(46×26mm)



ハリー・ポッター
関連商品

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

新品価格
¥3,205から
(2017/3/6 05:01時点)



ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 映画オリジナル脚本版

新品価格
¥1,728から
(2017/3/6 05:01時点)














ホーム/サイト説明/アトリエ/地図/写真集/感想文/グッズ/マンガ/事件簿/リンク集/日記/問い合わせ /サイトマップ