ホームクロックロの感想文》映画》シン・ゴジラ

クロックロの感想文〜鑑賞作品への率直なレビューです〜

ホーム 

サイト説明

クロックロの感想文 

クロックロの事件簿

リンク集

クロックロの日記 

 


『シン・ゴジラ』を観て
2016年発表(日本国)
総監督・脚本、庵野秀明 監督・特技監督、樋口真嗣


 ゴジラという巨大生物が日本に現れる怪獣映画。

 ※ネタバレ含む 


 






 まず、庵野秀明さんと樋口真嗣さんがやると聞いた時、失礼ですが不安がよぎりました。「目茶目茶にされるんじゃないか」と。すみません、勝手なイメージですが……だって、庵野さんと樋口さんですよ……(二人ともすごい方だと思っています、エヴァもガメラも名作です、ローレライ好きです、でもそういうことじゃなくて)。
 しかし、蓋を開けてみれば、「まともだ」と。想像よりかなり真面目に一般向け娯楽映画として作ったのだということが伝わって安心しました。

 全体的な印象としては非常に現代っぽいアプローチの作品だと思いました。
 ニコニコ動画みたいに画面に文字が流れたり、スマホがやたら出てきたり。ギャグ入った掛け合いも今風で面白かったです。
 まさに「現代日本にゴジラが現れたらどうなるのか」を描いた感じです。
「こういうの作るぞ!」というポリシーをひしひしと感じる作品であり、制作者側はこれだけ突き詰めて作ったのなら、どんな評価が出たとしても後悔しないだろうなと思いました。

 押さえるところは押さえつつ、外すところは外してきたのが偉いな〜と思いました。

 一番、「おっ、そうきたか」と思ったのは、やっぱりあれです、序盤でゴジラ第二形態が出るところ。
 思えば、海の中に尻尾が見えた時点で、「ちょっと形が違うかな?」と違和感はあったのですが――。
 川をごにょごにょ背びれだけ見せて進むゴジラさん。

(^ω^)「ゴジラ背びれごにょごにょ可愛いね〜〜」

 ガバッ! バタバタバタバタッ(エラから血ぶしゃあぶしゃあ)!

(( ゚ω゚))「うごごごおおお!」

 ここのインパクトはすごかったです。
 予定調和に来るかと思ったところをうまく外してきて、一気に引き込まれました。
 第二形態はめっちゃ気持ち悪かったですが、何かだんだん可愛く思えてきて、今はとりあえずソフビが欲しい。切に欲しい。

 それにしてもあれですね。今回のゴジラさんは「いきなり出てきて何なんだ君は」という感じでしたね(笑)。
 ゴジラさんと目が合うことがない映画で、ちょっと寂しさはありました。ゴジラから見ても、人間から見ても、交わることがない。人間のゴジラへの感情もない。どこまでも無機質な関係。

 ゴジラの造形は素晴らしい。特撮も素晴らしい。だからこそ。
 あれだけのゴジラを作りながら、なんともったいない……っ。

 この映画が悪いということはもちろんなく、非常に斬新な「ゴジラ」で、こういう作品も長いゴジラの歴史の中にあっていいと思いました。個人の好き嫌いを越えた部分にあるすごい作品です。

 CGはよかったです。着ぐるみではないということですが、実体を感じて、とてもリアルでした。その部分は文句なしです。
 最後の闘いで凍結されていくゴジラの演出はきれいでした。そうして封印されたゴジラは、あのままモニュメントのように大都会に建ち続けるのだなと。ある種のロマンを感じる終わり方でした。

 ゴジラがあの鳴き声を出すシーンはぐっときます。これを聞いたら、あ、ゴジラだ! と思います。
 さらに、今回、ひそかに注目していた「今までのゴジラ映画の音楽を使うか」ですが、ちゃんと使っていました。これは嬉しかったです。しかも何度も大切なシーンで流れるのがよかったです。

 細かいところ。
 無人在来線爆弾が面白かったです。よくこんなアイデア考えたなー。
 庵野総監督か樋口監督が、きっと日々、電車を見ながら「こんなことしてみたい」って考えていたのでしょう(違ったらごめんなさい)。

 登場人物がごっそりあっさり死ぬのが、びっくりしました。
 最初の総理もいいキャラしていたのに死んでしまって……これが「リアル」なのかもしれませんが。

「自衛隊の弾を国民に向けるわけにはいかない!」

 というところは、格好いいなと思いました。頼りないけど憎めないキャラです。

 好きなキャラクターは尾頭ヒロミ課長補佐と、安田龍彦課長です。
 リケジョと理系男子! 尾頭課長補佐のゴーイングマイウェイなところと安田課長の現代っ子っぽいところがいい。
 花森防衛大臣もジワジワくる。

 もっと言いたいことはあるのですが、適切に伝わらない気がしたので、私の心の中だけにしまっておきます。

 自分はゴジラが大好きだけど、ゴジラ有識者というわけではないです。忘れている話も多いし細かい設定とか情報とかを常に把握しているわけではありません。でも大好きなことは変えられないし、新しくゴジラが作られたことが本当にうれしいです。シン・ゴジラは観に行く前に一切の情報を入れたくなくてその文字が目に入るたびに目をそらしていました。そういった意味で、やっぱり自分にとってゴジラは特別な作品なのだなと再認識できました。

 今回コケたら、日本ではもう二度とゴジラは復活できないかもしれない。そんな重要な局面で、大ヒットさせてくれたこと、庵野総監督・樋口監督、制作に関わったすべての方々に感謝しかありません。再びゴジラを生き返らせてくれてありがとうございます。

  ▲ホームへ戻る 
 ▲クロックロの感想文へ戻る
 ▲一番上へ戻る  


◆目次◆










『シン・ゴジラ』
関連商品

ゴジラ 怪獣王シリーズ ゴジラ2016

新品価格
¥4,236から
(2016/8/14 18:33時点)



ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016(第二形態)

新品価格
¥2,248から
(2016/8/14 18:35時点)



【Amazon.co.jp限定】シン・ゴジラWalker 麻宮騎亜描きおろし特大A2ポスター付

新品価格
¥7,980から
(2016/8/14 18:36時点)

































































































ホーム/サイト説明/アトリエ/地図/写真集/感想文/グッズ/マンガ/事件簿/リンク集/日記/問い合わせ /サイトマップ