ホームクロックロの感想文》漫画》六三四の剣

クロックロの感想文〜鑑賞作品への率直なレビューです〜

ホーム 

サイト説明

クロックロの感想文 

クロックロの事件簿

リンク集

クロックロの日記 

 


『六三四の剣』〜そこにあるのは人生だ〜
1981年発表(日本)
著作、村上もとか


 六三四(むさし)という少年が剣道を極める王道スポ根漫画。
 岩手の虎・夏木栄一郎と、東北の鬼ユリ・佳代という剣道夫婦の間に生まれた六三四が、剣道家として成長していく過程を描いた大河漫画。


 
 スポーツやらないくせに子供のころから何度も読み返している、私の人格形成において避けては通れない作品です。

 長いので項目分けしてあります。

〜目次〜

 0、「乾俊一について熱く語る」編へ  
 0、「修羅の剣」編へ
 1、「見どころとキャラクター」編へ  
 2、「子供時代・試練まで」編へ  
 3、「剣を捨てる、そして」編へ
 4、「高校一年・武者や乾の登場」編へ
 5、「高校二年・母の闘い」編へ
 6、「高校三年・インターハイ前の青春」編へ  
 7、「インターハイ・最終回まで」編へ    

  ▲ホームへ戻る 
 ▲クロックロの感想文へ戻る
 ▲一番上へ戻る  


◆目次◆




六三四の剣

六三四の剣 (1) (小学館文庫)

新品価格
¥720から
(2016/7/6 22:55時点)


六三四の剣 (2) (小学館文庫)

新品価格
¥720から
(2016/7/13 23:22時点)










ホーム/サイト説明/アトリエ/地図/写真集/感想文/グッズ/マンガ/事件簿/リンク集/日記/問い合わせ /サイトマップ