ホームクロックロの感想文 》映画》グスコーブドリの伝記

クロックロの感想文〜鑑賞作品への率直なレビューです〜

ホーム 

サイト説明

クロックロの感想文 

クロックロの事件簿

リンク集

クロックロの日記 


『グスコーブドリの伝記』を観て
2012年上映(日本)
監督、杉井ギサブロー 原作、宮沢賢治
グスコーブドリの伝記イメージ画
イメージ画

 きこりの息子として生まれたグスコーブドリ。しかし、飢饉が起こり、両親は行方不明となり幼い妹と取り残されてしまう。ある時妹は人さらいにさらわれ、ブドリは追いかけるが助けられなかった。ブドリはいろいろな仕事に従事しながら妹を探す……。


 宮沢賢治の小説が原作。

 同じ監督の「銀河鉄道の夜」が大好きで、幼少のころによく見ていました。
 何が好きって、猫のキャラクターが童話チックで可愛くて好きなのです。

 だから、見覚えのある猫のデザインを見て、この作品も観ようと思いました。

 感想は、うーん。映像はとても美しくてよかったのですが、ストーリーはちょっと予想と違っていました。
 原作を知らなかったので、ものすごいファンタジーだと思っていたのですが、意外と地味な話でした(苦笑)。
 演出は全体的にファンタスティックなのですが、起こっている出来事は現実的な印象でした。
 ファンタジーっぽいところは、小説でいえば比喩表現的なものなのかなと。

 映像はとても綺麗だったのですが、話が悲しくて観終わった後に少し沈んでしまいました(汗)。

 最後の「たくさんのブドリとネリが……(若干表現が違ったかもしれません)」というナレーションが好きです。

 キャラクターの服装が、ちゃんと帽子の部分には耳の穴があいていたり、ズボンにも尻尾の穴があいていたりと芸が細かいところがいいです。


 
 黒ねこカンちゃんLINEスタンプ
 (管理人のオリキャラLINEスタンプ。よかったらこちらもよろしくお願いいたします)
  ▲ホームへ戻る 
 ▲クロックロの感想文へ戻る
 ▲一番上へ戻る  


◆目次◆


グスコーブドリの伝記

グスコーブドリの伝記 [DVD]

新品価格
¥2,954から
(2014/1/25 00:08時点)



グスコーブドリの伝記
原作


グスコーブドリの伝記













 















ホーム/サイト説明/地図/写真集/感想文/グッズ/マンガ/事件簿/リンク集/日記/問い合わせ /サイトマップ