ホームクロックロの感想文 》小説》破線のマリス

クロックロの感想文〜鑑賞作品への率直なレビューです〜

ホーム 

サイト説明

クロックロの感想文 

クロックロの事件簿

リンク集

クロックロの日記 


『破線のマリス』を読んで
1997年出版(日本)
著作、野沢尚

 遠藤瑤子は虚偽報道すれすれのニュースで高視聴率を打ち出す敏腕映像編集者。
 ある日、郵政官僚の春名から、ある事故の真実を告発した一本のビデオテープを渡される。瑤子は独断でテープを編集し、あたかも郵政官僚の一人、麻生が犯人であるかのような映像を作った。そして電波で流してしまうが……。



※ネタばれあり



 第43回江戸川乱歩賞を受賞。
 好きな作品です。 

 事件が結局解決しなかったことは消化不良ですが、この話の場合はこれでよいのかなと思いました。
 どうせわかってもつまらないような相手だろう。そんなものです。
 主人公はテレビ局の女性編集マン。
 映画学校に通って編集を得意とした知り合いがいたので、興味深く読ませてもらいました。そのところ、何も知らない人が読んでどう思うかが気になるところ。

 野沢さんの別作品『恋人よ』 で、主人公たちが病んでいるようにみえたのですが、今回、確信したのです。
 野沢尚はわざと普通とずれている人間を視点に選んでいる!(私の主観ですが)  以下、引用。

「麻生はしゃくり上げて泣きながら、二人の子供を背中に乗せ、妻のまわりを四つんばいで歩き始めた。」

 この文章を見たとき、ドン引きしつつもあまりにもシュールで笑ってしまいました(しかも名前のせいで、彼の容姿が失礼ながら元総理大臣に……)。  実際、麻生はかなり病んでいて、ここのシーンは後の狂い出す彼への伏線だと思われます。
 しかし、麻生だけではなく、主人公も初めのころからたいがい狂っているよう私は感じていました。最後には自分の傲慢さに飲み込まれて破滅の道をたどってしまう。そういう話です。
 話の感想は、いろいろあるけれど、ここは一言、  麻生さん・゚・(ノД`;)・゚・
 官僚なんてさ、安い給料で馬車馬みたいに働かされてさ、そのくせ国民からはやれ贅沢だコネの     天下りだと突っつかれてさ、もうどうしたらよいんだよって感じで。
 いやまあ実際のことは知りませんけども。  とにかく、麻生さんの可哀想な話でした。
 最後に、この作品で一番好きなところは題名です。『破線のマリス』。美しすぎます。




  ▲ホームへ戻る 
 ▲クロックロの感想文へ戻る
 ▲一番上へ戻る  


◆目次◆


破線のマリス

破線のマリス (講談社文庫)

新品価格
¥650から
(2013/6/15 18:32時点)



破線のマリス映画版

破線のマリス [DVD]

新品価格
¥1,584から
(2013/6/15 18:33時点)


その他の
野沢尚作品

リミット (講談社文庫)

新品価格
¥800から
(2013/6/15 18:34時点)

   














 

ホーム/サイト説明/地図/写真集/感想文/グッズ/マンガ/事件簿/リンク集/日記/問い合わせ /サイトマップ