ホームクロックロの感想文》映画》HUNTER×HUNTER 緋色の幻影

クロックロの感想文〜鑑賞作品への率直なレビューです〜

ホーム 

サイト説明

クロックロの感想文 

クロックロの事件簿

リンク集

クロックロの日記 


『HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントムルージュ)』を見て
2013年公開(日本)
監督、佐藤雄三 脚本、米村正二 原作、冨樫義博
ハンター×ハンター 緋色の幻影 イメージ画
イメージ画「お前に友達はいらないよ」
声の出演、藩めぐみ・伊瀬茉莉也・藤原啓治・沢城みゆき・浪川大輔・内田直哉・松風雅也・藤木直人・
川島海荷・平野綾


 会ったことのない父に憧れて、少年ゴンはハンター(危険が伴うが誉れ高い職)になる。その途中で同胞の仇を討ちたいクラピカ、医者を目指すレオリオなど仲間ができる。中でも同い年のキルアとは気があった
 キルアは殺し屋一家の跡取りとして英才教育を受けていたが、家出してやりたいことを探していた。最初は冷めていたキルアだが、ゴンと触れあううちに子どもらしい心を取り戻していく。
 だが、兄に言われた「お前に友達を作る資格はない」という言葉に今もしばりつけられ、悩んでいた。
 一方、クラピカは、死んだはずの同胞、パイロに出会うことに……。
 

 ハンター×ハンターは、1999年のアニメを一番最初に見たので、それが一番印象が強いです。
 その後、漫画を読み始めました。
 なので、現在やっているアニメも、どうしても最初のアニメと比べてしまいます。
 個人的には、前のほうが好きなのですが、新しいアニメも興味深く見ていました。
 ただ、映画は、どうなのかな……と思っていました。
 正直、冨樫先生の漫画がもらえないなら行かなかったと思います(笑)。

 しかし見に行ってみると……面白かった!
 新しいアニメに対しても評価が変わりました。
 癖のある冨樫先生の原作を活かしつつ、少年漫画らしい明るさもあって、子どもも大人も楽しめる雰囲気に。
 イルミは以前の声のほうがあっているかなと思っていたのですが、新しい声も前とは別の魅力があり、好きになりました。
 しかし、イルミは存在がホラーですね(笑)。そこがいいのですが。

 映画オリジナルキャラクターのレツと、オモカゲ。
 王道キャラながら、やっぱりレツはグッド! です(笑)。
 オモカゲは中二病にはたまらないキャラクターでしたね〜。映画だけにするにはもったいないです。
 でも、冨樫先生のキャラらしくない雰囲気なので、こういうキャラが見られるのはアニメならではだなと思います。

 それからノブナガがやたらと格好良かったです。
 え、こういうキャラだっけ? と思うくらいに(笑)。きっとスタッフにノブナガさんびいきがいるに違いない!

 ゴン、針は服を破るよりも手で抜いたほうが早いんじゃないか? とか、キルア走りすぎだろ、とか、オモカゲの能力って念能力の限界を超えているんじゃ……? とか、いろいろツッコミたい部分もあったのですが、熱い友情と感動がありました。

 ただ、煽りが復讐を前面に出しているわりには、復讐がメインの話ではありませんでした。


 公式サイト→http://www.hxh-movie.jp/index.html  

 
 黒ねこカンちゃんLINEスタンプ
 (管理人のオリキャラLINEスタンプ。よかったらこちらもよろしくお願いいたします)
  ▲ホームへ戻る 
 ▲クロックロの感想文へ戻る
 ▲一番上へ戻る  


◆目次◆


HUNTER×HUNTER
原作漫画

HUNTER×HUNTER 1 (ジャンプ・コミックス)

新品価格
¥410から
(2013/2/8 22:27時点)



HUNTER×HUNTER 32 (ジャンプコミックス)

新品価格
¥420から
(2013/2/8 22:28時点)



HUNTER×HUNTER (ハンターハンター) コミック 1-30巻 セット (ジャンプ・コミックス)

中古価格
¥11,000から
(2013/2/8 22:31時点)



HUNTER×HUNTER
関連商品

チェスピースコレクションR HUNTER X HUNTER (BOX)

新品価格
¥4,919から
(2013/2/8 22:29時点)



HUNTER×HUNTER 500ラージピース 緋の目×対決×幻影旅団 500-L143

新品価格
¥1,895から
(2013/2/8 22:30時点)


ホーム/サイト説明/アトリエ/地図/写真集/感想文/グッズ/マンガ/事件簿/リンク集/日記/問い合わせ /サイトマップ